今日の四万十市の朝の気温は24℃。

1日を通して曇り気味で、日が差す時間帯もあったりはしたものの、雨がぱらついたりと変な天気でした。

気温も30℃まで上がり、風がサーっと吹くと気持ちよかったりもするんですが、ムシムシと嫌な時間のほうが多かった気がします。



さて、直近のイベントはチョコチョコ更新しつつ、メインが3か月以上更新できず。

すごく忙しかったのかといえばそうでもないですけど、ブログ書きたい熱がどうも消えてしまってました。

これといったイベントもなかったし。


が、夏になって、大きめのイベント開催が決まったので、これはと思い、これをきっかけに何とかブログ熱に火をつけて行きたいと思います。





第18回 しまんと市民祭 納涼花火大会
EPSON001


日時 2022年8月27日(土) 荒天の場合は延期
 
   開場 16:00~  花火打ち上げ20:00~20:30(予定)

場所 四万十川赤鉄橋たもと



昨年は通常の8月末から延期して、しまんと市民祭の秋季花火大会として、11月27日(土)に行われました。

その時と同じようなシステムになるようで、会場は中村会場と具同会場にわかれ、それぞれの会場に入るにはリストバンドが必要です。

EPSON012
前回は事前に無料のリストバンドの配布がおこなわれました。

しかし、チラシを見る限り、配布に関しては書いてない。

ということで、観光協会に問い合わせました。


結果として、今回は無料配布はしないとのこと。

チラシの通り、事前にリストバンドをゲットしたければ、¥500のくじ付き協賛券を買うしかないようです。

くじ付き協賛券の販売は7月10日(日)より。

こちらの販売所で買えます。
協賛券販売所
中村会場分が四万十観光協会でしか買えないのは少し不便かも。


ほかにもリストバンドをゲットする方法としては、

・四万十市内の宿泊施設に宿泊する(宿泊施設に要確認)

・西土佐ー中村間の無料シャトルバスに予約して(西土佐から)乗る

・当日、会場でもらう

となっております。


ちなみに、6歳未満の子供にはリストバンドは不要です。


当日のリスバンド配布についてはこのとおり
リストバンド数

前回と同様、少し狭い中村側は入れる人数が少ない模様。

しかも当日の19歳以上へのリストバンド配布はありません。


花火は一応、中村会場側に向けて上がるので、中村会場から見たほうがきれいに見えるのではないでしょうか。

ただ、昨年、私たち家族は具同側から見ましたが、それほど遜色はなかったようです。

コロナの影響もあり、具同側は割とほかの人と感覚をあけて割とゆったり見られました。


中村会場に6,000人、具同会場に10,000人の定員です。

昨年の割合が中村会場3,000人、具同会場13,000人の定員で、定員的には去年と同じ人数。

会場に入れてもらえなかったというような話は、私は聞いていないので、今年も当日行っても問題ないのではないかと思ってます。


とはいえ、こういうご時世で、スポンサーも多くないであろう中、協賛券を買ってみてもいいのではないでしょうかね。

例年なら1枚¥1,000のところを、1枚¥500と買いやすくしてくれてます。

家族4人で¥2,000。

18歳以下ならどちらの会場でもリストバンドがもらえるので、親の分だけでもイケるんじゃないかと思ってます。


予想ですが、リストバンドのあるなしで、受付も分かれていると思ってて、リストバンド持ちのほうがスムーズに入れるのではないかと期待してます。

実際、協賛券購入の際に名前、住所、連絡先などを提出するので、会場では書かなくていいし、検温と手指消毒のみで入場できるんですよね。

それでも去年はまあまあな列でしたよ。

当日だと、名前、住所、連絡先などを書かなきゃいけない(チラシについてるものを事前に書いて持って行ってもいい)ので、手間取る&待ち時間がさらに長そう。


どちらにしても面倒には違いないですけど、花火が見られるだけ良しとしましょう。

当日の会場内には屋台も出ます。

花火+くじ付き協賛券が当たるかもしれないというワクワクを今年は楽しんでみようかな。



当日は交通規制がありますので、この近くを車で通る予定の方は気を付けてくださいね。
交通規制