今日の四万十市の朝の気温は‐1℃。

朝は少し寒かったのですが、朝からさんさんと日が差し、最高気温は17℃まで上がりました。

今日は風が吹いてもいつもより暖かい風で、少しだけ春を感じられました。

それにしても、激しい気温の移り変わりですよね。

もういい加減に寒波が来るのはやめてほしいです。



さて、昨日も少し触れたのですが、今年もこの季節がやってきました。

四万十川花紀行
入田ヤナギ林
菜の花まつり


EPSON007

2021年は2月27日(土)~3月21日(日)までの開催となっております。

開催時間は10:00~16:00。

昨年は残念ながら中止になってしまったんですよね。

今年も昨年より状況は悪いものの、以前のような厳しい規制がなくなったため何とかできそうです。



毎週末のちょっとしたイベントというか、特別企画的なものもちゃんと行われるみたいです。
各種イベント
例年通り、観光開きも兼ねた初日が、一番賑やかそうですね。



3月6日(土)は昨日紹介した、ONSEN・ガストロノミーウォーキング in 四万十市も、菜の花まつりの一イベントとして掲載されてます。


たまたまかもしれませんが、幡多農業高校生徒による手作り産品の販売がおこなわれたり、菜の花コンサートでは、例年以上の学校の参加があったりと、頑張っている学生たちに、成果を披露できる場を与えてくれているような印象です。

去年は販売会やイベント、演奏会なども中止になったり規模が縮小されたりして、思う存分実力を発揮できる機会が少なかったと思います。

制限の多い中、頑張っている学生たちが少しでも報われるといいなと思います。



27日(土)、28日(日)のみ、送迎バスが出ます。
バスの中時間表

すごくにぎやかなイベントではないけれど、春の訪れを感じることができる、毎年楽しみなイベントです。

今年も状況によっては内容の変更があったり、最悪の場合中止になることもあるかもしれませんので、最新の情報を確認してください。

こちらのサイトや四万十市観光協会のfacebookで菜の花の開花状況を見ることができますので、そちらもチェックしてみてくださいね。



 
ここからは余談です。

ブログを始めた2017年頃は、イベントを調べるにも観光協会も商工会も市役所も、いまいちネット情報が充実しておらず、情報を集めるのにとっても苦労しました。

ここのところは、SNSの普及もあり、情報集めがとても楽になりました。

四万十市観光協会がとても活発に活動されていて、特に野地さんという方が、インスタやfacebookを更新されたり、Youtubeでライブ配信したりと、とても頑張られてます。

四万十市行政女子プロジェクトチームも、時々ではあるものの、「おいしい」、「かわいい」、「四季」とテーマにそれぞれ、おいしいもの、かわいいもの、美しい四季の風景を配信されてます。

なかなか観光業が厳しい時ではありますが、魅力を発信し続けていれば、安心して旅行ができるようになったときに、旅行の行き先として選んでくれる方が増えるのではないかと期待しています。

なので、今のうちに観光に来てくれる方たちを迎える準備を、しっかりしておいていただきたいなと思います。

そして、私が見逃す時もあるんですけど、イベントの発信をもう少し早めに、できれば1か月くらい前にはしていただけると嬉しいなと思います。

私のようなシフトで働いているような人間は、1か月くらい余裕がないと休みが取れないんですよね。

今は県外から来られる方も少ないとはおもいますが、やはり長距離の旅行となればある程度前から計画すると思うので、早い目に予定がわかってると計画が立てやすいかな、なんて思ったりします。

とはいえ、いつもいろいろな情報をありがたく拝見しているので、観光協会の方、市役所の方、引き続き、情報発信、よろしくお願いします。