今日の四万十市の朝の気温は21℃。

ここ2日ほどは梅雨の中休みでカラッと気持ちのいいお天気が続いています。

最高気温も28℃前後と暑いは暑いけれど、湿度が低いせいで過ごしやすいです。

また明日からは天気が崩れそうです。

しばらく崩れたあとはまた晴れが続くようで、いっそのこと梅雨明けしてくれないかなと思いますが、まだ早いでしょうか?



さて、少し前のことになりますが、天神橋商店街の「shimanto+terrace はれのば」にある「Cafe n2」でランチをいただいたのでレポートです。
DSC_3056
そのまま「カフェ エヌ ツー」と読むみたいです。
名前の由来は

サードプレイス(家でも職場でもない第3の場所)の3をnext 2(2の次は3)と言い換えた頭文字と、next to(〜のそばに)の二つの意味が由来となってます!

だそうです(Instagramより)。


ランチメニューはこんな感じ。
DSC_3139

こちらはドリンクとテイクアウトのメニュー。
DSC_3138

ちゃんとしたメニューはこちらでも見られます。


おしゃれな店内
DSC_3148

この日は上がれなかったみたいですが、2階もあります。
DSC_3146



私が注文したのは「横山特製コロッケ・メンチを使ったプレートランチ」 ¥900(税込)
DSC_3141

「横山」とは四万十市江川崎で営業されている精肉店です。

直営農場で育てた四万十牛をメインに販売し、焼肉店もされています。

テナントにある「焼肉いぶき」さんも横山さんの経営です。


ランチのメンチコロッケはお肉屋さんのコロッケだけあって、しっかり肉の味のする大変美味しいコロッケでした。

半分に切られてるのが肉入りで、丸いのはジャガイモだけだったんじゃないかと思います。

丸い方はほくほくじゃなくて中身がやわらかく、トロッと溶けるクリームコロッケのようなクリーミーな食感で、こちらも美味しかったです。

ごはんがやわらかくて、残念ながら私好みではなかったけれど、量もちょうどよく、「ザ・カフェごはん」といった感じでした。

お水もおしゃんてぃーなレモン水ですっきり飲めました。




主人はタコライス¥800を注文。 
DSC_3143
こちらは一口もらっただけですが、タコライス特有の味付けされたひき肉が美味しくて、ご飯が進む感じでした。

ランチはドリンク付きなのでお得ですね。
DSC_3150
カップが1個1個違うみたいで、行くたびにどんなカップで出てくるのか楽しみです。

ドリンクはコーヒー、紅茶、ウーロン茶から選べます。



ちなみに、1階席のイスも全部種類が違ってました。

今度はあのイスに座ろうかな?と、選ぶのも楽しいし、お気に入りのイスに座れるかどうかのチャレンジをしてみるのも面白いですね。

それだけでこのカフェに来る理由ができそうです。


全体的にガラス張りのお店なので、商店街を行き交う人を眺めたり、テラス側で外の景色を楽しみながらランチや飲み物を楽しめていい感じでした。

天井も高くて、開放感タップリ。

カマダ製菓店やアマンドのデザートも食べられるようで、見た感じ、こちらのカフェ用特製っぽかったので、今度はデザートも食べてみたいですね。



私が行ったのは6月末ごろで、営業時間は11:00~18:00までとの事でした。

7月からは夜の営業も始めるみたいです。


まだ詳しいことは分からないのですが、7月7日(火)には夜の営業をされることは分かってます。

7月7日は毎年四万十市で「小京都七夕&ゆかたDAY」と称して、市役所や商店街のお店などが浴衣で接客をしたり、浴衣でのまちあるきイベントがおこなわれています。

そのイベントに協賛?のようです。

この日は16時からお酒やおつまみの提供をするそうですよ。(ラストオーダーは21:00)

今年は花火大会もなく、夏のお祭りがほとんどないと思われるので、浴衣を着る機会がありませんよね。

この機会に浴衣を着てお出かけするのもいいかもしれません。


この「小京都七夕&ゆかたDAY」に先立って、7月3日(金)から、市内各所には七夕飾りが設置されて、短冊に願い事が書けます。

集まった短冊は一条神社でお焚き上げしてくれるんだそうですよ。

何だか願いが叶いそうなので、見かけたらお願いを書いてみたいと思います。



「はれのば」のテナントさんたちも通常営業を始めてるみたいです。

奥は「Bar Cuore(バー クオーレ)」、手前は「四万十牛本舗 焼肉いぶき」
DSC_3132



まんしゅう
DSC_3131

コの字サカバ mihoki
DSC_3130


まんしゅうさんは火曜日で定休、その他のお店は夕方からの営業のため、私が行った時間には営業されてませんでした。

夜は少しにぎやかになってるでしょうか。

機会があれば確認しに行ってきます。





中村天神橋商店街は本当にがんばってる商店街じゃないでしょうか。

過疎の町で、これだけお店を閉めずにいる商店街は多くないと思います。

今は「コロナに負けるな!!」と天神橋笑顔プロジェクト第4弾「幸せの黄色いフラッグ作戦」なるものがおこなわれてました。
DSC_3154
アーケード内にはためく黄色い旗には色々なメッセージが書かれています。


元気の出るメッセージが書けるボードも設置されてました。
DSC_3152

今は「商店街にどんどん来て!!」と言い辛い状況で、悩ましいです。

我が家からも歩いていくには少し遠い距離にあり、駐車場の関係もあって、ついつい近くの広い駐車場のあるスーパーやドラッグストアへ行ってしまいます。

こういう時こそ地元の個人商店を応援しなければとは思ってるんですけどね。

好きなお店にはなるべく通うようにはしていますが、私の懐にも限界があるし、そもそも私一人の力で支えるなどはおこがましい話です。

県をまたぐ移動ができるようになって、良いか悪いか、県外ナンバーを見かけることも増えてきました。

それでもまだまだ以前のように気軽に旅行がしにくい状況の中、お客さんがなかなか増えないでしょうね。

早くあんな苦しいときもあったねと、思い出話ができるような生活が戻るといいなと思うとともに、観光だけで生きて行くのはリスクも大きいと改めて感じるのでした。