今日の四万十市の朝の気温は26℃。

朝方パラパラ雨が降っていて、今日は1日雨かな?と思っていたら意外と降らず。

雨が降りそうな雲ではありましたが、昼からは雨が降ることはありませんでした。

最高気温は30℃で、ムシッとした暑さの1日でした。



前回の週末イベントまとめで、ほとんどのイベントが雨でもやると書いたのですが、雨天中止のイベントもあるようです。

お出かけの前にはFacebookやHPなどをチェックしてからお出かけください。




さて、先日、黒潮町の少年自然の家近くにある「河川敷プール」に行ってきたので、ちょっとご紹介。

場所は四万十市から黒潮町へ向かい、少年自然の家の入口の道の1本先を入ったところ。

上川口郵便局の少し手前です。


この辺。



このものすごい急な上、踏み幅の狭い階段を下りると、川をせき止めてプールを作っている場所があります。
DSC_2159

10人くらいの子供たちが遊んでいたでしょうか。
DSC_2142
手前に大人の膝くらいの浅めのプール、奥は少し深めで大人の胸か腹くらい。

せき止めて、というと語弊がありますね。

段差を作り、流れを緩やかにしているというのが正解でしょうか。



足首位しか浸からない浅い所もあって、ホントに小さな子供でもちょっとした水遊びができていい感じでした。
DSC_2143


私たちはそこまでいかなかったのですが、上流側にはもう少し深い所もあって、飛び込んだりもできるそうです。
DSC_2145

写真の左上にちょっと見えてる高架は、土佐くろしお鉄道の物。

電車が行き来するのが見えて、時間が合えばアンパンマン列車も見ることができます。


こんな感じで一段低くなってます。
DSC_2148
ここはちょっと滝壺みたいな感じ。

水もきれいです。
DSC_2149

水の中は、コンクリートの波消しブロックのようなものがあって、そこは歩きやすいのですが、主に砂利なので、歩くと痛かったです。

足つぼマッサージをされているかのよう。

足裏凝ってるんだなと実感。

足元が不安定なので、バランス感覚も養えます。


潜ると小さな魚がいっぱいいましたよ。


自然の川で遊ぶのも田舎の醍醐味で、それはそれで楽しいんだけれど、自然なだけにちょっと流れの速い所があったり、急に深くなったりと危険な場合もあります。

ここなら、ちょっと手を加えられていて、安心して遊べていいですよね。


海は砂がついたり、べたべたするのがいやっていう人も多いのではないでしょうか。

その点川なら細かい砂はないし、泳いだ後もサラサラです。

私の周りでも川の方が人気が高いです。

私はどっちかというと海が好きですけどね。



どちらにしても、気軽に自然を楽しめるのは、都会にはない贅沢ですよね。

それでも昔に比べたら、気軽に泳げる川が少なくなってきていると聞きます。

私の子供たちや孫、その先の子供たちも変わらず、川あそびや山あそび、海遊びができる環境であればいいなと思う今日この頃でした。



行きはこんなに晴れていて、海もとってもきれいでした。
DSC_2140


帰りは雲が広がって、海の色も暗くなってがっかり。
DSC_2162


入野の浜は波が穏やか。
DSC_2164
風が強くて、きれいな形ではなく、サーフィンしている人もいませんでした。

台風11号はだいぶ東に逸れ、雨が降るくらいで影響はなさそうですが、波も運んでくれないようです。

泳ぐにはうってつけなのに、残念ながら夏休みが終わるまで、すっきりしない天気になりそう。

ここはしっかりと宿題を終わらせないと、といったとこでしょうか。

夏休みもあと少しですね。

我が家の子供たちも宿題に追われております。


私も仕事に追われて、あんまり遊べなくて残念でした。

いつかドーンと休んでドーンと遊びたいなぁ。